こどもOfficeって?

世界196か国で活用されているMicrosoft Office。
ビジネスシーンに限らず、大学の課題作成や就職時の書類作成などにも活用されています。 「世界標準で使用されているOfficeソフトを、こどもたちが授業で使うことはできないか?」 そんな思いから生まれたのが「こどもOffice」です。 小学校低学年からOfficeソフトを自然と使えるようになるための工夫や、楽しいコンテンツがたくさんあります。 分かりやすい操作性やかわいい学校イラストは、教える側の先生にも好評です。
※こどもOfficeはDr.シンプラーのリニューアル後継品です。

こどもOfficeって?

保護者が選ぶ No.1

※子育て世代の保護者が選ぶ「未来を生きる子供たちのために習得させたいPCソフト」に
Microsoft Officeが選ばれました。(インターネットリサーチ調べ)
%
仕事でMicrosoft Office を使用している
%
こどもにMicrosoft Officeを習得させたい
%
自宅でMicrosoft Office を使用している

■こどもに習得させたいPCソフト:J製品(9.8%)、G製品(8.7%)、C製品(6.9%)、K製品(3.5%)、その他(1.7%)

2020年 激変する学びの環境

新学習指導要領のスタートや、GIGAスクール構想による一人一台の今年度中の整備。
また、予想だにしなかった事態により、学びの環境が激変しています。

こうした変化に対応できる工夫があります

こどもOfficeロゴ

「Microsoft Office」を自然と使いこなせる工夫

「生きる力、学びのその先へ」というメッセージが込められた新学習指導要領。世界標準で使用されているMicrosoft Officeの機能はそのままに、アイコンや表示名を児童向けに変えることで、低学年でも迷うことなく自然と操作できる工夫があります。

情報発信や創作ツールとして様々な学びに活かす工夫

一人一台環境を価値あるものにするため、先生の声とICT支援員のアイデアを活かした「Officeテンプレート」を提供しています。学年や教科の枠を超え様々な学びに対応し、先生向けの教材や通信文書のテンプレートも含めて約300点ご用意しています。

ドリル学習やネットの授業を閲覧するだけではない
「繋がる学び」へ

授業で活用する前に、まずはPC・タブレットPCに段階的に慣れることが大切です。Officeの操作を始める前に、楽しみながら 学べるツールが充実しています。作品をデジタル化することで、自宅に居ながらクラスのみんなと共有できるメリットがあります。

ピクチャーキッズ(開発元:市川ソフトラボラトリー

無償提供イラスト&カレンダー

「こどもOffice」には、★学校イラスト★が約9000点収録されています。そのなかでも、全国の多くの学校で使われている、やさしいイラストが人気の「出町書房」の学校用イラストは、教材づくりや通信文書の作成に幅広く使用されています。現在、出町書房が新しく作成した「すぐに使える手洗いや咳(せき)エチケットのイラスト集(約500点)」をゼッタリンクスのサイトから7月末日まで全国の学校向けに無償提供しています。

イラスト提供元:出町書房

未来を生きるこどもたちの学びをサポートしたい、教育現場のICT活用が進むにつれ不安を抱える先生方をサポートしたい、そんな思いで製品開発に取り組んでいます。
東京都荒川区に本社を構え、荒川区内の小・中学校34校にICT支援員の派遣サービスを実施。
教育現場からのダイレクトなニーズを収集し、製品開発やテンプレート作成に活かしています。

学びの力で笑顔あふれる未来を創る

ゼッタリンクス

資料請求・お問い合わせ

「こどもOffice」の資料請求またはお問い合わせはこちらからご利用ください。